市川市の葬儀社・家族葬の紹介サイトまとめ

各社の総合評価早見表

Home > 市川市の葬儀社情報 > 家族葬の知っておくべきマナーは?

家族葬の知っておくべきマナーは?

家族葬は亡くなった人とその家族や親族、また親しかった友人などだけで執り行う葬儀のことです。別の言い方をすれば故人と家族との最後の時間を大切にする葬儀ということになります。宗教的な儀礼をともなう場合は多く、仏式の場合だとお通夜と告別式を行い、僧侶の方にお経をあげてもらうなど省略する部分はありません。これらの点では一般の葬儀と変わることはありません。
しかし、大きく異なっているのが参列者に対しての考え方です。一般的には家族葬はその規模が小さく、ごく親しい友人などを除き他の人には声をかけずに行う葬儀を言います。規模が小さいことから葬儀の費用を低く抑えられるというメリットもあると言われています。
ただ、随分と認知されてきた葬儀の形とはいえ、誰もが参列できないことで誤解を招く可能性もあります。生前社会的地位が高かったり、交際範囲が広かったりしていた場合には、お別れをしたかったのにできなかったなどと感じる人はいないとは言い切れません。
誤解を受けないためにも、家族葬で葬儀をすることを決めた場合は、葬儀を行う族側のマナーとして事前に知らせて理解してもらうことが必要になります。

事前の知らせは葬儀を行う前にするべきだと言われています。
また親族に関しても参列する親族関係も2親等までまた3親等までなど決めておき、知人などには亡くなったお知らせとともに事情によって家族葬で執り行う旨を誠意を持って伝えることもマナーのひとつだと言えるでしょう。
急なことで間に合わなかった場合には、葬儀を終えたらなるべく早くにはがきなどで同様の内容をお知らせします。
また、参列できなかった方たちに対しては後日お別れ会を開くこともあります。この場合は親しかった友人などが偲ぶ会を催すことも多いようです。

故人にふさわしい形で行う葬儀とも言える家族葬ですが、現代の葬儀に対する意識の多様化などもあり、この形は都市部だけではなく最近は地方でも広がっています。
もともと家族葬は参列者に気を使うことをせずに身内だけでゆっくりと最後の時間を過ごしてお別れをしたいという理由から行われるようになった葬儀です。
したがって弔問は控えるというのは招かれなかった人たちにとってのマナーです。それでも、どうしてもお悔やみの気持ちを表したい場合には、弔電を打つという方法もあります。自宅でも葬儀の会場にでも送ることができます。
また、親しい間柄であれば葬儀が終わって少し落ち着いた頃に弔問に伺いたい旨を伝えることもできます。いずれにしても参列する側にも理解が必要になることは把握しておく必要があるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー